読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連合艦隊司令長官になってしまった話 aoi-kancolle

「艦隊これくしょん」なるものをやる羽目に陥ったゲーム嫌いの記録

スマホと艦これ

「節分特別出撃:制海権を確保せよ!」という任務があったので、ぽてぽてやってたんですよ。でも途中から「なんかおかしいな」という気がしたんで説明をよく読んでみたら

「…第1艦隊に4隻(中略)からなる精鋭艦隊を配備…」

第2艦隊でやってました。

それで一気に気が抜けて(よく読まなかった自分が悪いんですが)、昼寝まがいのことをやったりして結局、任務は達成していません。つらいね。

まあ、次の時にでも。

 

 

それはそれとして、ほんとにもう大変なことがありましてね。

なんと「スマートフォン」を持つことと相成りました。

今までね、スマートフォンはもちろん携帯電話、PHSその他一切持ってなくてですね、「不便じゃないか」とよく言われたんですよね。

でも「積極的に持つ理由がない」というのを理由にして(上記の類の物が大嫌いということもあるんですが。そして理由はまだあるんですが)今まで持っていなかったんですよ。

ところが、この前、携帯電話屋さんに別件で行った時に購入してしまいました。というより無理やり持たされた。

契約してしまったものは仕方ないしね。嫌ならやめればいいし、まあしばらく使ってみますよ。多分。

 

で、スマートフォンで艦これが出来るんですね。前にAndroidがどうかしたみたいなお知らせかなんかを見た記憶があったので、「それかあ」と今になって思ったわけですが、とにかくやってみた。

今も艦これのアプリケーションはスマートフォンに入っていますが、多分これではもうやらないだろうなあ。

涼風「な、なんでえ!?」

どうせやるなら家のパソコンでのんびりやりたいし、電車かなんか乗ってドコドコ移動しているときとか空き時間とかに、必死の形相で小さい画面見ながらやることでもないはずなんで。

加賀「頭に来ました」

え。なんで?

 

〔ちなみにいつも記事を書くときの参考にと思って、艦これに関する出来事とかをちょっとした紙かメモ帳に万年筆でチョコチョコと書きこんだりしてるんですが、せっかくだしスマートフォンを使ってみようということで今回はスマホのメモ機能を活用。しかし記事を書く段階になって、メモの保存先が分からず『ひえ~』となりました。はあ〕